たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 第33話「狐の嫁入りと白山坊」感想

【Amazon.co.jp限定】ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX1 (全巻購入特典:描き下ろしB2布ポスター引換シリアルコード付)

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

妖怪ポストに送られた依頼に応えるため、とある山中へとやって来た鬼太郎達。
そこには何故かアニエスの姿も。

実は、水晶玉がアルカナの指輪の出現を感知し、指し示したのが鬼太郎達の目的地近くだったのだ。

依頼主は、とある屋敷に住む男だった。
なんでも、彼の一人娘・やよいは幼い頃から不運に見舞われる事が多い上に、最近は白山坊という妖怪に付け狙われているのだという。
早速、砂かけばばあが結界を張り、やよいを護ることに。

そして夜、白山坊が現れやよいをよこすよう要求してくる。
対決姿勢を見せる鬼太郎達だったが、実は白山坊がやよいを求めるのにはとある理由があって――。

悪魔ブエル タトゥーシール

感想

脚本自体は現代版「異種間婚」譚という印象で悪くなかったのだが……全体的に作画や演出がぎこちなかったのが気になった。
本作は戦闘シーンに手を抜かない事も魅力のひとつなので、脚本の出来が良い時にそれが無いと、なんとも脱力してしまう。

さて、今回登場した西洋妖怪ブエルは、かのソロモン72柱の悪魔にも名前を連ねるビッグネームだ。
作中での、顔の背後から何本もの足が生えているかのような奇妙な姿も、伝統的なデザインに則った姿であるものの――実際の伝承では、医学や知識を司る偉大な大悪魔なので、あんな変態ではない(苦笑

白山坊の過去アニメでの出番

白山坊は、原作にも登場し、アニメにもほぼ毎回出ているおなじみの妖怪。

第24話 白山坊

第24話 白山坊

アニメ第一作では、第24話「白山坊」に登場。
白山坊との約束により娘を差し出さなければならない、という基本プロットは同じ。


アニメ第三作では、第11話「妖怪キツネ白山坊」に登場。
やはり基本的なあらすじは一緒。やや狡猾に描かれているものの、約束を違えたのは人間の方なので、よく考えればひどい話だw


アニメ第四作では、第39話「妖狐・白山坊の花嫁」に登場。
導入部分はほぼ同一ながらも、白山坊は娘を食べる気であり、それに気付いた白山坊の弟子が娘を救おうとする、というアレンジが加えられている。

第11話 おばけ漫才

第11話 おばけ漫才

アニメ第五作では、なんと第11話「おばけ漫才」と 第53話「白山坊 ビバ!お化け屋敷」の二話に登場。
こちらは打って変わって、ねずみ男と一緒に金儲けを企むポジション。


第五作のみが異色だが、それ以外では今回と似たようなポジションで登場することが多いようだ。