たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ラーメン大好き小泉さん 三杯目「サイミン」「味集中カウンター」「即席麺」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメーション「ラーメン大好き小泉さん」Blu-ray Disc 上下巻セット(描き下ろしオリジナル屏風付き)

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

何とか小泉さんと仲良くなりたいと奮闘する悠だが、空回りが続いていた。
しかも、友人の美沙と潤の方が先に小泉さんと仲良くなってしまい、意気消沈する日々――。

感想

「サイミン」は、ハワイ発祥のラーメンに似た麺料理。
日本人移民が発明したとも、中国人が伝えた麺料理が変形したとも言われており、その起源には諸説あるらしい。
残念ながら私は食べたことがないが、実際ハワイのマクドナルドではレギュラーメニューとして提供されている模様。

「味集中カウンター」は博多とんこつラーメンの有名店「一蘭」における独自システム。
普通のラーメン屋は周囲の客のマナーの悪さに辟易させられる事も少なくないが、一蘭はこのシステムのお陰で比較的静かで大人しい客層になっており、雑音が気になる方には非常にオススメだ(笑)。
ただ、メニューはシンプルであるし、作中でも描かれた通り仕切りは可動式になっているのでグループやペアでの入店も可能だが、場違い感が漂う可能性があるので、癖の強い店とも言える。
私は大好きだが。

悠の意外な特技が見られた「即席麺」。
実際、即席麺でも調理方法によっては中々侮れない味になるが……そのくらい拘るなら生麺を使ったりスープを自作したりしてもあまり変わらないのでは? 等と考えてしまうのは少々意地悪だろうか?