たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1話「何故、彼らが奉仕部に来たのか誰も知らない」感想

第一期視聴済み。原作既読
(以下ネタバレ)

あらすじ

文化祭が終わってしばらく、八幡は相変わらず教室で「ぼっち」を貫いていた。しかも、八幡が行った「荒療治」は彼の意図通りに――彼の真意はごく一部の人間にしか理解されぬまま――他のクラスメートとの距離を更に広げる結果をもたらしていた。
それでも奉仕部の面々――雪ノ下と由比ヶ浜はむしろ八幡との距離を縮め、部室にはどこか穏やかな空気が。しかし、そんな平和な部室に意外な依頼人が訪れる。それはおおよそ奉仕部部室に似つかわしくない二人、葉山と戸部だった。
二人の――というか戸部の依頼はまた意外なものだった。以前、合宿の夜に八幡や戸塚に漏らしていたように、戸部は同じ「葉山グループ」のメンバーである海老名の事が気になっており、どうにか彼女と自分との仲を取り持ってほしい、と八幡達に頼み込む。お調子者な位しか取り柄のない戸部をどう海老名にアピールするか、頭を悩ます八幡達。とりあえず、来たる修学旅行でそれとなく二人の距離が縮まるように裏でサポートする事に。
しかし、戸部が去った後の部室に、更に意外な人物が現れた。それはなんと、戸部の意中の人である海老名で――。

感想

スタッフが殆ど変っていて、絵柄も大きく変わった事から色々と不安でしたが、第一期と同じく原作の何とも言えない雰囲気をきちんと再現してくれていて一安心。ただ一点だけ苦言を呈するなら、ガハマさんのガハマさんが控えめだった事であろうか?(ぉ

第一期最終話の八幡の偽悪的行動のせいで、彼がクラスで更に孤立する事になっているという状況はなんとも胸が痛みますが、由比ヶ浜や戸塚は変わらず、というかむしろ以前より彼に親しく接するようになっているので、八幡にとっては悪い事ばかりではないのかもしれませんね。何気に雪ノ下さんもデレが入ってきていますしね。戸部の八幡に対する失礼な言動にキレたり。
まあ、八幡に対するそれの倍以上、ガハマさんにデレてる訳ですが。デレ方も不器用で分かりにくですが、それが彼女の持ち味ですよね。流石はぶきのん!*1
それはともかくとして、雪ノ下があそこまではっきりキレたのって、戸部の言動が許容範囲外だったというのもそうなんでしょうが、同じくらいに葉山が厄介ごとを持ち込んできたから、というのもありそうですね。幼馴染ながらも(だからこそ?)過去に色々あったらしい二人ですが、今期はそこら辺に触れるエピソードまでやってくれる事を期待。

さて、どうやら修学旅行でも八幡ハーレムは健在のようです。戸部の依頼を果たす為ではあったけれども、終始ペアで行動していた由比ヶ浜さん。雪ノ下共々、ではあったものの平塚先生とは深夜のラーメンデート。その帰り道には雪ノ下さんとの微妙だけれども穏やかなな雰囲気を醸し出しちゃったりして。川なんとかさんとの絡みもあったら完璧だったのでしょうが、彼女はどうやらイージスの盾として使用されているようなので活躍は望めそうにありませんな(?)。ちなみに戸塚は別格本山らしい。

戸部が帰った所を見計らったかのように部室を訪れ何が何だか分からない発言をしていった海老名や、今回の件で何やら思う所があり八幡にそれを期待している節がある葉山など、気になる伏線を残しつつ修学旅行は続くようです。

ガハマさん派としては、彼女の距離の近さに八幡がテンパりながらも恥じらう姿がもっと見たかったり。ほら、原作でも……おっと、こんな時間に誰か来たようだ。

作画面は色々言われていたものの、私的には第一期の絵柄も結構好きです。特にオープニングの出来は近年のアニメOP映像の中でも五本の指に入るかと。

*1:不器用なゆきのん。略してぶきのん(原作より)。