たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

絶園のテンペスト 第二十三幕「はじまりの戦い」感想

原作知識は連載を流し読みしてる程度でうろ覚え。
(以下ネタバレ)
原作の話をしてしまうと、作戦の概要は同じなんだけれども吉野と真広はおとなしくお留守番なんですよ。アニメではあえてそこを改変して吉野と真広が最後まで「当事者」として関わる事を望んだ結果、吉野が撃たれる、というまさかの引きを見せてくれたわけですが……はたしてどう転ぶことやら。
原作の吉野は結局最後まで飄々とした態度を崩さなかったんですが、アニメの吉野は葉風の影響かずいぶんと感情的な人間になってますね。まあ、それも葉風の前だけ、なんでしょうが。案外、彼は自覚していないだけでとっくの昔に葉風に惚れているのかもしれません。
まあしかし、あの状況で隠し持っている拳銃を用心深い真広が発見できなかったのかね? やら、あの状態で拳銃撃つの無理だろとか、そもそも相手は二人組で自分以外の仲間が拘束されたままの状況で犯人グループの片方だけを射殺出来たとしてそのあとあの人は何をしたかったの? 馬鹿なの? という疑問の数々が浮かんでしまい、あんまりうまい脚本じゃないかもな、とも思い。