たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第64話 最終回

基本、原作厨的立場での感想です。
(以下ネタバレ)
最終回にして作画崩壊を目撃するとは思ってもみなかったが、まあキャラクターのアップとかが崩壊していた訳じゃないので良しとします(何様)。
概ね、良かったと思うのですが、相変わらずこの製作会社は大佐レイプがお好きなようですね。
ハボックを賢者の石で回復させるなんてアイディア、どこから来たんだか。もしかすると原作プロットにはあったのかもしれないけど、違和感を禁じ得ませんでした。そもそも大佐が賢者の石で自分の目を治すのだって、マルコーの決意に感銘を受けたからでもあるわけだし*1
マルコーさんの贖罪の決意表明も見事にすっ飛ばされたし。そこら辺は本当に残念でなりませんでした。
ラストの写真で、リハビリ中のハボックを厳しく監督するブレダとロスの姿とか好きだっただけに、ハボックの超回復振りも見たくありませんでした。
本当にこのアニメは、原作を知らなければそれなりに楽しめたかもしれないレベルでしたが、原作を知っていると「何故そこを改変する!?」とかそういうツッコミをせざるを得ない出来でございました。アニメのみのファンの方は、原作を読まないほうが良いかもしれませんね。

*1:と言っても大佐なら賢者の石があれば使ったと思うけど。