たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

多田くんは恋をしない #8「雨女だったっけ?」感想

【Amazon.co.jp限定】 多田くんは恋をしない 1(第1巻早期予約特典:アニメ描き下ろし「多田くん」フラットクリアファイル&ミニタオルセット 付)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B1布ポスター 引換シリアルコード)(イベントチケット優先販売申込券) [Blu-ray]


今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

コンクール向けに星の写真を撮る為に、合宿へとやって来た写真部の面々。シャルルも運転手として付いてきてくれて、和気あいあいとした旅行のような雰囲気になる。
途中に立ち寄った神社でおみくじを引いた多田達は、それがきっかけとなり恋愛の話をすることに――。

感想

話の筋立てとしては大きな事件もなく単調なものだったが、それぞれのキャラクターの心情には大きな変化が起こりつつある様子。

アレクの秘めたる恋心(?)を目撃してしまったテレサ
テレサの心境の変化を感じながらも、お互いに立場を捨てる事など無いと信じて待つシャルル。
多田への恋心(?)を自覚し始めてしまったテレサ
そして多田は……。

テレサは次期女王としてシャルルを夫に迎える覚悟はできている、と宣言して見せていたが、本当の恋心を知ってしまった(?)今、その決意は不動のものと言えるのか。
前回ゆいが見せた、「恋心を自覚してしまうことの苦しさ」があからさまな伏線となっていたわけだ。
アレクもテレサの心境は見抜いているようだが……シャルルの言う通り、たとえ苦しかろうがテレサは立場を捨てて恋に走ってしまうような娘ではないだろう。もしアレクが、テレサがごまかそうとしてる恋心を正面から指摘してしまったら……テレサは余計に苦しくなるのではないだろうか?

一と日向子の関係にも、作中で何らかの決着が付きそうな予感がする。
わざわざ下の名前で呼んでみせたところに、一なりの歩み寄りというか、少しずつ距離を詰めていこうという気概が感じられた――ような気もしたが、彼は基本ヘタレなので、何事もなく終わってしまうかも知れない(苦笑
京都の大学に進学予定、つまり一と日向子も一年後には離れ離れになる事が示唆されているので、流石にこのままなにもない、ということはないだろうが。