たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

Fate/Apocrypha 第15話「道は違えど」感想

【Amazon.co.jp限定】Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(メーカー特典:「B3半裁ポスターセット(赤陣営)」「BOXイラスト使用A3タペストリー」付)(オリジナル特典:「描き下ろしB1布ポスター」付)(完全生産限定版)


基本的に原作バレ無し。シリーズ知識の解説のみ書く方針。
今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

天草四郎に対抗する為に、ルーラーを中心に一時的に結束する事となったユグドミレニアと獅子劫。未だ動揺の残るユグドミレニア陣営を、フィオレは見事にまとめてみせるが、ケイローンはそんな彼女の中にある種の危うさを感じていた。
一方、四郎の旗下となる事になった赤のサーヴァント達は、それぞれの矜持を主張しつつも、まずは四郎に従うのを良しと判断した。そんな彼らに、四郎は「救済」の具体的な方法を明かすが――。

感想

四郎の「救済」の方法とやらは視聴者に明かされなかったが、十中八九ろくなものとは思えず。
Fate世界での仕組みでは、サーヴァントは召喚された時点で現世の知識をある程度植え付けられる事になっているはずだが、四郎が召喚されたのは大戦の時代。元々の彼の思想と合わさって、おおよそ現代の民草にとっては救いから程遠い方法を思い付いているのでは。

ユグドミレニアと手を結びながらも聖杯を諦めていない獅子劫。彼もまた魔術師としては異端に思えるが、むしろその声質がモードレッドと馬が合う主因なのかもしれない。

ジャンヌは今回もジークに対して過保護だったが……なるほど、依代の少女のパーソナリティが少なからず反映されている、という事か。
となると、毅然とした態度を取り続けるジャンヌにも、今後人間らしく思い悩む場面がやってくる可能性もあるわけで……「人が願いを叶える物語」という本作のキャッチコピーは、実は彼女にも当てはまるのではないか? 等と思ってしまう。

ケイローンが危惧するフィオレの危うさについては、当初から徹底して描かれていた部分だが、あえて彼がカウレスに相談したのは、何も姉弟だからというだけの理由ではないだろう。
ケイローンとしては、フィオレのマスターとしての適性の高さを認めつつも、出来れば彼女を戦いから遠ざけたい思いがあるのかもしれない。

しかし、私的には本作のさいかわはフィオレなのだが……ロリフィオレもイけ(ry

Fate/Apocrypha [小説版] “赤