たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

双星の陰陽師 第七話「新たなる試練 UNBELIEVABLE GAME」感想

今回の満足度:2点(5点満点中)

原作既読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

再び星火寮に現れた有馬は、「試練」と称してろくろと紅緒をとある建物へと連れて行く。有馬の別荘を改装したというそこは何と「ろくろと紅緒の『新居』」であり――。

感想

作画は相変わらず低調。これを「迫力ある」等と思ってしまう方は眼科へ行かれるかもう少し他のアニメーション作品を観てからモノを言う事をお奨めしたい。
――それはさておき。

単品で見れば典型的なラブコメ描写として可もなく不可もなくと言ったエピソードなのだろうが、前回も日常&コメディのエピソードだった為に、シリーズとして捉えた時に何とも緊張感に欠ける構成ではないかと呆れるばかり。「紅緒の兄」に関する話も取ってつけた感が否めず、スタッフが本当にストーリーを「一本の線」として考えているのか疑わしい。
原作では、ろくろと紅緒が今回のような信頼関係を築くに至ったエピソードは、命懸けの状況下において互いに助け合い「双星」の力の片鱗をも感じた事によるものとして描かれていたが、それが何故、有馬の悪戯同然の「試練」等に変えてしまったのか? シリアスの中でもコメディを忘れないのが原作の良さだが、アニメではすっかりコメディの最中に時たまシリアスになる、になってしまっている。「夕方アニメだから配慮した」という向きもあるかもしれないが、その割には残酷描写などをあまり削っていない訳で、何とも中途半端感だけが募る。

さて、次回予告で姿を見せた新キャラクターについては、原作ネタバレとなるので多くを語らないが、本来は上記で挙げたろくろと紅緒が信頼関係を築くエピソードの後に登場するキャラクターだ。彼が登場するという事は当該エピソードは後回しにされる*1ようだが、そうすると原作序盤で最も盛り上がるであろう、ある一連の中編エピソードの流れが全く別のものになってしまう。実に丁寧に描かれていた原作の流れを大きく変えてしまう事のリスクを、アニメのスタッフが乗り切れるのかどうか……今までの不出来さを見ていると不安でならない。


*1:エピソード自体がカットされない事は、事前情報などで明かされている。