たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

荒川弘「百姓貴族 4」感想

鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」、そして先ごろアニメ化もされた漫画版「アルスラーン戦記」等で知られる漫画家・荒川弘氏による農業エッセイ漫画も第四巻を数えたようです。
基本的には子供の頃を含む、デビュー前までの実家の農業に従事していた頃のエピソードを中心に取り扱った本作。最近のご実家の話や時事ネタを織り交ぜているとは言えぼちぼちネタ切れになりそうなものですが……これが中々どうして、まだまだ面白ネタの数々が飛び出してくるのだから凄い。特に荒川氏のお父様の「不死身振り」が段々ギャグマンガレベルになってきていて実に恐れ入る(笑)。
とは言え、この作品の面白さの本質は、そういった実際の「濃い」エピソードに恵まれているからと言うよりは、話の「タネ」をきっちりと荒川氏が覚えていてかつ上手に芽吹かせる工夫をしている所にある事は、本作を愛読している読者にとって共通の認識であると思う。日々の積み重ねと創意工夫が結果に生きてくるという点においては、農業も漫画も同じなのかもしれない。