たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

「超級!機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗!」(7)感想

発売日からだいぶ経ってしまいましたが、簡単に感想など。
(以下ネタバレ)
ギアナ高地編クライマックス。東方不敗による包囲戦開始から、ドモン以外の面々が脱出するまでを収録。
さて、本作は基本展開はテレビアニメ版を踏襲しつつも、細部で独自設定を新たに取り入れるなど*1、原作を知っている人間でも「油断ならない」漫画な訳ですが、今回は逆に「原作アニメ完全再現!www」的な驚きを見せてくれました。
まさか、挿入歌「勝利者達の挽歌」が流れるシーンを漫画で再現してくるとは……。しかも島本マンガの暑苦しさ(ほめ言葉)が相乗効果となって、ただでさえ暑苦しいシーンだったのに更にクドくなっている(笑)。思わず同曲をプレイヤーで再生しながら読んでしまいましたわ。

*1:今回は、ミカムラ博士が自分の作ったシャイニングガンダムの力だけでドモン達が生き残れるのか? と葛藤するシーンが追加。となると、ゴッドガンダムはミカムラ博士だけの制作ではなく、カッシュ博士の手も入っているという設定になるのか? テレビアニメ版でもスーパーモードの感情フィードバック機能は、カッシュ博士の助言により怒りの感情以外にも適用されるように改良された事が示唆されていますが。