たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

さくら荘のペットな彼女 第23話「卒業式」感想

原作知識は漫画版を少し読んだ程度。
(以下ネタバレ)
演出や話の構成自体はよかったものの、美咲が読んだ答辞の内容があまりにも私的すぎて……。「その場のノリ」を利用して生徒達を味方につける、というアイディア自体は良かっただけに、あんな個人の思い出話の垂れ流しで「感動」を演出されても正直引くというか。もちろん、ここまで物語に付き合ってきた視聴者としては感じる部分がなかった訳じゃないですが、あれで一般生徒を煽動出来るかといえばまた別の話で。
もし、さくら荘の面々がアンタッチャブルとして扱われる一方で一種のカリスマとして人気もある、という描写があればまだ納得できたかもしれませんが、全校的に支持を得ていたのって文化祭の時だけだし。
あのさくらの花のブローチが何らかの重要な役割を担っているのかと思いきや、単なる演出止まりだったところも腑に落ちなかった要因かも。
龍之介とリタの微笑ましい絡みだけが唯一の救いか。