たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

「双星の陰陽師 15」感想――紅緒編、完結! そして島の陰陽師達には最大の試練が

双星の陰陽師 15 (ジャンプコミックス)

誰だよこの表紙のイケメン!? と思った人は単行本を買いましょう(笑)。

(以下ネタバレ含む)


少年漫画にありがちな「トーナメント」が開かれるなど、熱血展開が目立った本編。
そしてそれとは対象的に、凄惨な内容が続いた紅緒編。

その二編が、太極図の如く互いの要素を混じり合わせながら、一つになる時がやって来たようです。

「ケガレ」の運命を持って生まれた自分を受け入れ、先祖・蘆屋道満の悲願だった太陰として覚醒した紅緒。
一見すると悪人っぽく描かれてきた道満でしたが、彼の生み出した「ケガレ」のように本来打ち捨てられてしまう者達の代弁者、という側面があった模様。
人間がケガレとの戦いを終わらせられなかったのは、あるはずのない「完全なる陽」を目指してしまったゆえ、とも受け取れますね。

神威に訪れた変化から見ても、道満がケガレ達に求めたのは人間と相争うことではなく……。
千怒が晴明と同じ姿をしていることにも、案外その辺りが関係しているのかもしれません。

さて、紅緒が「絶望の中の希望」を見出したその頃、島ではとんでもない事態が起こりつつありました。
婆娑羅と悠斗が利害の一致からか、ある種の共同戦線を築き攻勢に……。

トーナメント編が馬鹿騒ぎの連続だったので油断していましたが、いやもう準レギュラーになったあのキャラとかこのキャラがバンバン(以下略
天馬と有馬が言っていたのは、このことだった訳ですね。

もしかすると、士門も本来はこの襲撃で命を落としていた可能性も……?
天馬の過保護ぶりを見るに、ありそうな話です。天馬の士門への愛が重い(違

一気にハードな展開へと突入した物語は、果たしてどんな方向へ進むのか?
辛抱強く付き合っていきたいと思います。

双星の陰陽師 1 (ジャンプコミックス)

双星の陰陽師 1 (ジャンプコミックス)