たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ラーメン大好き小泉さん 九杯目「山」「豚野郎」「背脂」感想

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

一人黙々と登山に勤しむ小泉さん。
彼女は何故、山に登るのか?
その答えはもちろん――ラーメンだった。

感想

マルタイの棒ラーメンは、乾麺タイプの即席ラーメンの中では一番好きかもしれない。
フライ麺ではないので、煮汁をスープに流用しても油っこくなく(むしろ調味油が添付されているくらい)食べやすいのでお奨めだ。

マルタイラーメン 164g×10袋

マルタイラーメン 164g×10袋

なお、作中で小泉さんも言及していたが、標高の高い場所では沸点が下がるため、ラーメンなどを通常の時間通りに作ってしまうといつもより硬い……等という残念な事態がまま発生する。
3000m級の山の上でラーメンを作ろうと思う方は、しっかりと茹で具合を確認しながら調理する事をおすすめする(笑)。

ちなみに、作中で引用されたマロリーの有名な言葉「そこに山があるから」は、実は誤訳である。
そもそもは記者に、

Why did you want to climb Mount Everest?”

と訪ねられ、

Because it's there.

と答えたというエピソードが元ネタだ。
だから本来は「そこに山があるから」ではなく、「そこにエベレストがあるから」なのだが……今日では誤訳の方が定着しているので、あくまでも豆知識として覚えておいた方が無難だろう。


閑話休題


野郎ラーメン」は、いわゆる「二郎系」に分類される店の一つ。
名前の通り、二郎よりも更に「野蛮」な印象だが、一部に根強い人気がある様子。
コラボカップ麺なども販売されている。


お次は「背脂」だが、純粋な背脂チャッチャ系は前回の横浜家系と同じく、胃腸弱には辛いラーメンの典型だ(苦笑)。
中には背脂たっぷりでありながらもスープ自体はあっさりしているという変わり種(?)も存在し、中々に奥深いジャンルなのだが……胃腸弱には新規開拓もギャンブルに近いので、最近は自粛している。
健啖家の方はぜひお試しあれw

エバラ ラーメンに最適! 豚背脂こく粒 800g