たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 #09「アスモデウスの視線」感想

今回の満足度:1点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

練習中に草壁が倒れた。過労との事だが、その裏には藤が咲高校吹奏楽部で起きたとある問題が関わっているのだという。なんでも、藤が咲の顧問・堺が自宅謹慎となってしまい、練習やコンクールで演奏する曲の編曲作業に支障が出てしまい、草壁が善意から彼らの面倒も見ていたのだという。その堺は問題を起こすような教師ではなく、藤が咲の部員達は自宅謹慎そのものに不信感を募らせていた。チカとハルタは堺の自宅謹慎問題を解決する事が事態の打開につながると考え、調査を始めるが――。

感想

どうにも後味が悪く、また色々と腑に落ちない点が多いエピソードだった。
過去に退学処分を受けた大河原を教育実習生として受け入れる、という設定にも何とも無理を感じる。堺が熱心に受け入れを進めたのだろうが、それこそ公私混同でしかなく、色々と疑問が残る。
教師を強請った「アスモデウス」のその後についても全く触れられなかったが、名門校故に刑事事件にする事はなく、内々に処理した、と言った所だろうか?
ポニーテールのチカちゃんが可愛かった、位しか見るべき所が無かった印象。