たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

東京喰種√A 第5話「裂目」感想

原作一部既読。第一期視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

アヤトと篠原、什造とクロナ・ナシロの戦いが始まった。
当初、篠原を圧倒していたアヤトだったが、篠原が発動した鎧型のクインケを目にした途端、動きの精細さを失ってしまう。そのクインケの元となったのは、アヤトとトーカの父親だったのだ……。
什造とクロナ・シロナの戦いは一方的なものになっていた。カネキと同じ元人間の半喰種であるクロナ・シロナの姉妹だったが、什造の常軌を逸した強さに手も足も出ない。遂には重傷を負わされ逃げの一手を強いられる。しかも逃げた先で出会ってしまったのは、二人がまだ人間だった頃――CCG捜査官を目指していた頃――の憧れの人である亜門であった。再び逃走した二人を見送りつつ、かつて人間が喰種化したという事実を前に驚きを隠せない亜門だったが、最下層に辿り着いた彼は、更に驚くべき出来事を目撃してしまう。……かつて自分を見逃した「眼帯の喰種」が篠原のクインケを喰らっていたのだ――。

感想

什造の恐るべき戦闘力と残酷な無邪気さ、喰種としての本能を解放したカネキの圧倒的な強さを見せつけておいて、最後にそれらが矮小に見えるほどに絶対的な存在感を「隻眼の梟」が見せ付ける、という展開に思わず手に汗握ってしまいました。
シャチに惨敗したカネキでしたが、彼が喰種としての本能に身を任せるとあれだけ強いのには驚き。ただ、あの状態のカネキすべての人間性を捨て去る状態であり、アオギリの樹に身を投じながらも仲間を守りたいという「人間の心」が原動力である彼にとって、それは諸刃の剣なんですよね……。亜門の問いに対する「もう、食べたくない!」という言葉が偽らざるカネキの本音だという事は、亜門にも伝わった事でしょう。