たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

琴浦さん #11「スタンド・バイ・ミー」感想

原作未読。
(以下ネタバレ)
特にひねりもなく月野が二重人格者で真犯人というオチ。もう少し違ったオチを期待していただけに少し脱力。
そのせいで真鍋が時間と距離を超越したかのようなタイミングで駆けつけたり、特殊警棒を素手で受け止めて少しも痛そうなそぶりを見せなかったり*1した事にものすごい違和感を覚えてしまったり。
琴浦さんの説得で比較的あっさり裏の人格が去ってしまったことも拍子抜け。琴浦さんにだけ聞こえる表の月野の声について一切描写がなかったせいもあるけど、やっぱり脚本として荒っぽいよな、と。
森谷が真鍋と琴浦さんの為にあえて自分を傷付ける方法で真鍋を叱咤したシーンとか、部長と副部長のシーンとかは良かったですが。

*1:その後のシーンで腕をかばっている描写があるけど。