たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第5話「誓いは星の彼方にだそうですよ?」感想

原作知らず。
(以下ネタバレ)
いよいよ「ペルセウス」とのゲームが開始。「姿を見られたものはマスターへの挑戦権を失う」というフェアプレイ精神の欠片もないルールに吹きつつも、どれだけ物理的攻撃力が強くてもルール次第では苦戦する、という事で「十六夜一人いれば済むじゃん」というお話にならないようにしているんだな、と今後もトリッキーなルールの数々が出てくる事に期待。
とはいえ、今回実質的に活躍出来たのは耀だけで、飛鳥にいたっては囮役という事を差し引いても完全にかませ犬ポジションでいい所がなかったなぁ、と。彼女の攻撃方法については何の説明もなかったけれども、以前に手に入れた水樹を飛鳥のギフトで支配下において一種の使い魔として使った、って事ですかね? 以前も樹を操っていた描写があったし。
無事「ノーネーム」に帰還したレティシアを歓迎するでもなく「メイドやれ」と3人の要求が一致した所は「問題児たち」の面目躍如といったところか。

しかし、今回一番面白かったのが次回予告だってのはいいんだろうかw