たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

新聞やテレビが絶対に書かない「ホリエモン」こと「堀江貴文」の真実〜ロングインタビュー前編〜

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090302_horiemon01/
はてなブクマの数が2000近く行っていて、確かに中々面白い記事ではあるんですが、今回ほどはてな村住民に失望した事はなかったかも。
というのも、ブクマでコメントつけている方々のかなり多くが、ホリエモンを支持もしくは信用しているらしい事を書いていて、お前らアホか? という感じなんですわ、これが。
いいか君達(特に若い人)、よーく考えてみよう。いくら国策からマスゴミの目を逸らすためのスケープゴートとしての逮捕だったにせよ、彼が二審でも実刑言い渡されていて今も係争中なのは事実だし、粉飾やらかして株券をただの紙っぺらにして株主や従業員、そして市場に関わっていた多くの人々に洒落にならない損をさせた会社の代表責任者がホリエモンだった事も事実。
仮に彼が主張するとおり、首謀者じゃなかったとしても、代表取締役という会社が何かやらかしたら真っ先に責任を取り謝罪するべき人間*1が、未だにまともな謝罪もせず*2、億単位の資産を保持したままヒルズのマンションにふんぞり返っている訳ですよ? 彼の優雅な生活で浪費されている金が、元々どこにあったものなのかとか、考えが至らないの?
このインタビューの中でも旧体制に対する批判や改善案なんかの話がいくつか出てて、それは確かに筋が通っている話も有るし賛同できるものもあるわけなんですが、そういった主張をしてきた人がやった事が、旧体制の粗を利用して濡れ手に粟の金儲けだった訳ですから、何と言うか、説得力が無い。清貧であれ、なんてことは思いませんが、人の上前をはねる様な商売をやってきた人間が「時代の革命家」みたいに見られることには我慢なりません。
既得権益を貪る者共へ挑戦する姿勢は素晴らしいと思いますが、だからといって違法・脱法行為を行っていいという話は無い。それはただのテロリズムにしかならない。「品性」を伴わない経済活動はただの銭ゲバでしかない。

追記

ちなみに、一番驚いたのはあれだけネットキチガイだったライブドアが私物パソコンで仕事をさせ持ち帰りも推奨(堀江さんが「散々反対されたけど導入した」と言っているのだから推奨と同意でしょう)していたという事実。
「まともな会社」だったらその程度のセキュリティしか持ち得ない会社なんて、取引交渉以前に門前払いなんだがなぁ……。

*1:むしろそれ以前にそういった事が起こらないように管理監督する最高責任者、といった方が正しいか。

*2:会見とかで謝っていますが、あれは検察の訴えを真っ向から否定した上での謝罪なので実質謝罪になってない。