たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

PERSONA5 the Animation #26「I won't let it end here」感想

【Amazon.co.jp限定】ペルソナ5 9(7~12巻連動購入特典:「描き下ろしB2タペストリー」&全巻連動購入特典:「副島成記描き下ろし収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

冴のパレスを見事に攻略した怪盗団。だが、脱出しようとした彼らを待ち受けていたのは、機動隊らしき警察の群れだった。
何故、警察がパレスに? 疑問に思いながらも逃げ惑う怪盗団だったが、ジョーカーが囮となり一人捕まってしまう。

残された仲間達はルブランに集まり、皆一様にうつむいていた。
そこへ尋ねてきた明智が「自分が蓮を救いに行く」と申し出るが――。

感想

凄まじい最終回だった。
エンディングの演出からストーリーが続くことは分かっていたが……それでも明智の豹変ぶりには驚いてしまった。
彼は彼なりの美学から怪盗団を裏切ったのだとばかり思っていたが、とんでもない、むしろ黒幕の一人だったという訳だ。
というか、正体を現した明智の小物ぶりに思わず失笑してしまった。

蓮の回想にもあったように、彼はモルガナと双葉と示し合わせて、あえてあの取調室に明智を誘い込んだらしい。
そして冴に託した蓮のスマホ……それらの意味する所は明らかだが、答え合わせは年末スペシャルまでお預けということで、何ともヤキモキさせてくれる。

願わくば、年末スペシャルが今回の最終回のようにクオリティの高いものであることを……。

ペルソナ5 新価格版 - PS4

ペルソナ5 新価格版 - PS4