たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

東京喰種:re 第9話「亡霊 Play」感想

東京喰種トーキョーグール:re Vol.1 「イベント優先販売申込券同梱」 [Blu-ray]

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

狂乱の中にあった月山だったが、ホリチエ提供の琲世の写真を見たことで金木が生きていると知り、一転正気を取り戻す。
しかし薬が効きすぎたのか、「自分の姿を見れば佐々木琲世から金木に戻るはずだ」と謎の自信を持ってしまい、琲世の前に姿を晒すという危険を犯してしまう。
幸いにして喰種だと気付かれなかったものの、月山はまだ諦めておらず、度々琲世に接触を図ろうとする。

そんな中、月山家の使用人・ユウマがCCGのキジマによって違法な拷問を受けている動画が公開される。
ユウマは、月山のために危険を犯した結果、捕まっていた。彼を救おうと考えた月山は、捜査官の琲世ならば強力な助っ人になるのではないかと考え、なんとか金木としての記憶を思い出してもらおうと奮戦する。
しかし、常にクインクス班と行動を共にしている琲世と一対一になれる機会はあまりにも少ない。
そんな月山の為に、カナエは独断で一計を案じることに――。

感想

月山のキャラクター性に頼り切ったエピソードだったが、その判断はむしろ正解だったように思える。
外道な部分もあるが基本的には紳士であり、部下思いであり、金木への友情は人一倍。そんな彼の空回りぶりは、痛々しい中にもユーモアが溢れている。

一方で、CCG側もキジマという規格外の変人が動き始めるなど、インパクトでは負けていない。
宇井の琲世に対する嫌悪感など、内部の不和も明るみになり、ドラマが大きく動く前兆を感じさせる。

クインクス班は、六月と瓜江の成長が著しく頼もしい。
六月はまだ瓜江に頼っている部分は大きいものの、戦力としては十分になりつつある。
一方で、不知はクインケに対するトラウマを拭い去ることが出来ず、才子も戦いに前向きになれない様子。
琲世の気苦労は消えない……といいたいところだが、白スーツを一蹴する彼の異常な強さからは、やはり以前の琲世とは違うのだ、という事実を如実に感じ、こちらも油断ならない。

才子を救った大男はOPにも登場しているが、ようやく出番か、といった印象が拭えない(笑

東京喰種トーキョーグール:re 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)