たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

Just Because! #03「Andante」感想

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第1巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

水族館デート(?)の帰り道、一人を歩いていた瑛太は写真部の恵那に補足されてしまう。
瑛太と陽斗の写真をコンクールに出したいと頼むつもりの恵那だったが、気持ちが先行しすぎていて瑛太には意図が全く伝わらず――。

感想

恵那は部員達の反応を見る限り、外見は普通に美少女な模様。ただ、あの性格では迫られたとしても男としては嬉しくはないだろう。瑛太の心底嫌そうな顔も理解できる(苦笑

陽斗と葉月は順調……のようにも見えるが、当の葉月に自覚がなく、陽斗も決めるべき所で決められず、更には葉月は一人暮らしが必要な大学へと進学が決まっているという事で、客観的に見て絶望的なのではないだろうか。

誰かが誰かの背中を押しつつも、全てが全て絶妙に噛み合わない――そんな物語になっていきそうだ。

今回の「地元民からの解説」

アバンタイトルで恵那が撮影していた場所、全ては分からないが「腰越→片瀬山→藤沢駅前」と移動しながら撮影していたようだ。
最後の一枚は、藤沢駅前の「名店ビル」「ダイヤモンドビル」「ザ・プライム」に囲まれた中庭「ハゼの木広場」。
確か喫煙所があったはずなので、作中の通りちょっとやさぐれた雰囲気がある。

瑛太が恵那に補足されたのは、スーパー「グルメシティ鎌倉店」前。
脚色はほぼなく現実通りの風景なのだが、ちょっと面白いのが恵那が自宅に帰る際のルート。
恵那の自宅はどうやら笛田・鎌倉山、もしくはその先の七里ヶ浜地域のようだが、グルメシティ鎌倉店からそちらに向かう場合には、あのルートは決して通らない(凄い遠回り)。
地元民にしか分からないネタでは有るが。

翌日に陽斗と瑛太が出会ったのは、セブンイレブン鎌倉深沢店(がモデルのコンビニ)。
その後二人が行ったのは、湘南モノレール湘南深沢駅近くの「三菱電機富士塚グランド」。
名前の通りすぐ近くの三菱電機工場のグラウンドだったはずで、陽斗が「宇宙開発」と言っていたのも同工場が主に宇宙機器の開発を行っているから。

葉月達が居た川沿いの道は残念ながら見覚えがないが、陽斗が順平達に補足されたのは、「中華そば寅」柄沢店の近くのようなので、藤沢市内だと思われる。
なお、深沢地域からは少なくとも5km位ある(途中高低差あり)。その後更に、順平がぐったりするぐらい移動している事に加え、葉月の実家が農業?をやっているような描写があるので、藤沢の中央部~北部の辺りか。
どちらにしろ、相当に遠いw

瑛太と美緒が待ち合わせしていたのは、藤沢駅北口のサンパール広場。
作中でも登場していた通り、今ではビックカメラ藤沢店の2階に直結している。昔は噴水があったが、今は撤去されている。
あと、左寄りの政治団体や組合がよく演説している(笑)。

次回以降も、分かる範囲で解説していきたい。

behind[TVアニメ「Just Because!」エンディングテーマ]歌:夏目美緒(cv.礒部花凜)、森川葉月(cv.芳野由奈)、小宮恵那(cv.Lynn)