たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

GANGSTA. Act02.「HUNDEMARKEN」感想

原作未読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

アレックスを電話番として迎え入れたウォリックとニコラス。そこに開業医テオのもとで働く看護師ニナがやってくる。テオの医院に来たチンピラの中に「タグ付き」の男がいるので助けてほしいという。ウォリックはニコラスを現場に向かわせる一方、自分はニナを尾行してきた男達を始末する為、アレックスに協力を仰ぐ。
ニナと共に医院に辿り着いたニコラスを待ち受けていたのは怪力を持つ「タグ付き」の男だったが――。

感想

前回と同じく、確かな作画だけれども非常に淡々とした静かな演出が印象的。逆に言えば派手さがない、という所も前回と同じ。やたらと派手さ、スタイリッシュさを誇示するかのようなアニメ作品も多い中では、むしろ意欲的な作り方……と思うのはさすがに穿ち過ぎか。*1
ただ、脚本まで淡白なのは頂けない。原作に忠実なのかもしれないが……言葉少な過ぎ場面転換も地味なので、いまいち頭に残らない。
ニナの可愛らしさについては言うまでもない事か。*2

*1:これも前回言ったが。

*2:私は決してロリコンではないが、なかなかにどストライクだった。