たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

助野嘉昭「双星の陰陽師」第1巻が発売

双星の陰陽師 1 (ジャンプコミックス)

双星の陰陽師 1 (ジャンプコミックス)

以前も本ブログで取り上げたジャンプS.Q.連載の「双星の陰陽師」の単行本第一巻が早くも発売されたので購入してまいりました。
(以下ネタバレ小感想)
オマケ漫画で「次は王道バトルモノで!」という意気込みの元で本作の構想が練られたことが明かされていますが、まさしく「王道」と呼ぶにふさわしいバトル漫画に仕上がっています。
主人公ろくろは一見ちゃらんぽらんに思えるけれども、実は過去の凄惨な事件によるトラウマから一線を退いている元・天才少年陰陽師。ヒロインは天才の名を欲しいままにしながら、ある日突然出会ったろくろの凄まじい能力を見せ付けられて結果的に反感を持ってしまうが、実は褒められると弱いタイプのツンデレさん。
その二人が強制●●となって魑魅魍魎相手にガチバトル繰り広げる――基本設定からして少年漫画の色々な「王道」を盛り込んだ作品といえるでしょう。
もちろん、王道であるということはともすれば「ありがち」な作品となってしまう場合もありますが、「貧乏神が!」で独特の世界観を醸成した助野氏のこと、そこは実にオリジナリティ溢れる作風となっております。

ド直球の少年漫画に飢えている方には、ぜひともお勧めいたします。