たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #024「宇宙に散る花」感想

(以下ネタバレ)
ペコさんの、ペコさんの目が見えたぁ!!(今回一番の見所)
という事で(?)最後まで作品としての軸がブレない、いい最終回でした。バトルシーンは別として、この手の「最後の総力戦」描写はえてして過剰演出に陥りやすいものですが、本作は緊迫した戦況は戦況として、ザンネン5の瀬戸際にありながらもブレないキャラクター性はしっかり入れてきたし、ロボット物としてのお約束要素も要所要所に散りばめて、噛めば噛むほど味が出る最終回だったな、と。
ラストのイズルの表情を全て見せずに、口元の笑みだけほんのりと描いた所も良い意味で定石通りのナイスな引き。
続編の話もぼんやりとですがあるようなので、是非息の長い作品になってもらいたいですね。とりあえずはスパロボ参戦が目標か(笑)。