たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「甘城ブリリアントパーク」(2)感想

早いような遅いような続巻。
(以下ネタバレ)
相変わらず無軌道というか、「ラノベらしさ」を追求する事だけを目標に突っ走っている感がありますが、凡百のメタ・ライトノベルと違って「ラノベ」というジャンルが確立する以前からの作家である賀東氏がこれを書いているという事に大きな意味があるよな、と。「警備員のオークロ」とか内輪ネタ過ぎて逆に爆笑モノだし。
そういった濃厚な「ラノベ」臭の中で肝心の物語自体はちょっと薄い気もするけれども、前回から引き続き「愛らしいマスコットの見た目なのに中身はただのスケベオヤジ共」なモッフルをはじめとするマスコット達のオゲレツ大百科振りは健在だし、前回は全く持って陰の薄かったヒロインの一人・いすずが意外な内面を披露するなど、どちらかというとキャラクターの掘り下げと舞台装置の準備に終始した印象があるので、ストーリーで楽しませてくれるのはこれから、という感じでしょうか。
しかし、いすずが重度のツンデレな上に案外チョロインだったのは意外。これはツンデレ好きとして要チェックや! とか思っていたんですが、わずか数ページしか登場しなかったにも関わらず絶対的な存在感を見せ付けたラティファの正ヒロイン振り(?)の前にはその気持ちも霞むのだった。