たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ちはやふる2 第23首「をのへのさくらさきにけり」感想

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

原作既読、前期視聴済み。
(以下ネタバレ)
B級トーナメントでは、太一がひょろ君を大差で破り決勝に駒を進めていた。一方、A級の決勝戦は新と女王・詩暢の対戦となり、打倒女王を目指す千早としては当然そちらの観戦を優先するべきところだったが、千早の選んだ答えは――。
「気負っていない太一」の桁外れの強さにひょろ君がトラウマを植え付けられてしまったようですが、これってつまり太一はメンタルが一番の弱点だ、という事の何よりの証左ですよね。
その証拠に、千早が観戦した瞬間、一気に気負いすぎの状態に陥ってしまうという体たらく。まあ、気持ちは分かりますけれども。
ただ、そんな彼が自力で、しかも相手を千早だと想定してそれでも見事に勝ってみせたところから、その成長振りも伺え。結局、太一に一番必要なことは、あらゆる意味で千早を超えなければならない、という事なんでしょうね。千早は太一に大きく依存していますが、その逆もまた然り、という事か。
ただ、それでもやっぱり、新と詩暢の対戦を見ることよりも太一がA級になるその瞬間には傍にいたいと願ってくれた千早の想いも、太一の原動力に違いはないのでしょうが。