たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第13話「新しい世界への修羅場」感想

原作知識なし。
(以下ネタバレ)
鋭太が最後まで揺ぎ無い屑だったなぁ。
そして拇印を偶然GETして大喜びの愛衣だったけれども、あれには法的拘束力皆無な上に、ヒロインの中で一人だけ「今現在も含めた鋭太という一人の青年のどこを好きになったのか」を語っていない=本当に今現在の鋭太が好きなのかどうかも怪しい存在に自分がなっていることに気付いていないところがなんともかわいそうw
姫香については、電波キャラはただの設定という事が明らかになっただけでなく、鋭太が自分の世界を広げてくれた事に感謝していてだからこそ好きになった、という事を本人に伝えているので愛衣よりも一歩も二歩も先にリードしている状態だしね……。
で、ちょっと理解が追いつかなかったのが鋭太の真涼への告白の意味。あれって本当に真涼の事が好きって意味にはどうしても取れなかったんですよね。どちらかというと、真涼が自分に依存している事に気付いた上で、同情心から彼女を引きとめ、恋愛アンチを自称する自分のアイデンティティを守っただけのように見えて。
しかも、千和からキス&告白された時の鋭太の反応を見るに、やっぱり鋭太の本命は千和っぽいとも取れるわけで。
おそらくあの時点まで鋭太は千和の自分に対する想いを、デレアピールの時に奇しくも千和が鋭太の事を「弟みたい」と表現していたように、家族的な親愛を恋愛感情とごっちゃにしているだけ、位に思っていたのじゃないかと。ならば、最悪千和との関係が無くなる事はない、などと軽く考えていたと思われ。でも、実は千和の想いは鋭太が思っていたよりも真剣で切実で強いもので、鋭太も恋愛アンチの仮面が外れかかり思わず千和を抱きしめようと手が出てしまった、という事ではないかと。
まあ、そう考えてしまうとデレデレになった真涼が逆に可哀想な気がしないでもないですが、千和派の私としては鋭太はさっさと千和に土下座して一生尽くすことを宣言するべきじゃね? などと思ったりしつつ、感想を終わるのであります。