たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

さくら荘のペットな彼女 第24話「さくら荘へようこそ」感想

原作知識は漫画版を少し読んだ程度。
(以下ネタバレ)
実に普通の最終回でしたが、前回の酷すぎる脚本と比べると安心できる内容だったなぁ、と。
最終回にしてようやく空太が「自分はまだ入り口に立っただけ」な事に気がついたようですが、まあ、真に挑戦と挫折を演じてくれたのは七海や仁であり空太はまだ世界の広さを知らない少年の典型として描かれたのだ、という好意的な捉え方をすることにします。ましろの背中はまだまだ遠いでしょうが、少なくとも色恋沙汰に関してはほとんど同じラインに立っているのだからこれ以上欲張るなよ、と言ってやりたい気持ちもありますが(笑)。
さて、一方で本作品の努力家代表である七海ですが、千尋先生がきちんと道を示してあげた事に一安心。やっぱり若者の仕事はがむしゃらに突っ走る事であり、それを少しずつ軌道修正してあげるのが大人の仕事だよな、とおじさんは思うわけですよ……。
美咲の勝手に入籍&さくら荘の横に新居購入は少々やりすぎな感はありますが、まあ、オチとしては良かったのかも。空太の妹が実は合格してましたー、ってのはある意味予定調和だし。
そして龍之介とリタは末永く爆発してくださいという感じ。本当にこの二人の関係だけが癒しだったなあw
新入生の残り二人についても中々面白そうな逸材。特に女の子の方は鎌倉出身っぽいので一方的なシンパシーを感じてしまうw

4巻パッケージで夫婦認定です。おめでとう(?)