たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第4話「黒ウサギがエロイヤらしい奴に狙われたようですよ?」感想

原作知らず。
(以下ネタバレ)
十六夜が万能すぎて物語に緊迫感がないのはどうにかならないものか……。あと、いかにもかませ犬っぽい敵が続くと言うのも如何なものか。今のところグリフォンが一番威厳のある対戦相手ってのは何かしょんぼりですな。
まあ、常識外れの世界の中で更にそれを超えた行為をやってのけるからこその「問題児」なんでしょうが。
一方で飛鳥は今回レティシアに庇われて彼女が連れ去られる原因になったり、交渉の場でいち早くキレて不利な状況を作ってしまったりと、前回の大活躍とは対照的に未熟さが前面に出ていましたね。耀のギフトも地道に強くなっていくタイプだし、十六夜をして「お前がギフトゲームに出れば問題ないじゃん」と言わしめる実力の持ち主である黒ウサギもゲームに参加するには大きな障害があるようだし、成長描写は女性陣の役回りなのかも。
ただまあ、何話か前に十六夜がらしくない表情を見せて誰かの顔を思い出していたシーンがあったので、ふてぶてしい彼にも感傷だとか弱味だとかが存在するのかもしれませんが。

そういえば、漫画版をアニメ放映済みエピソードと同じ程度まで読みましたが、そちらは色々考える事もなく普通に楽しめたので、単純にアニメの出来がいまいちだという見方もあり……。