たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

C3-シーキューブ- 第一章「布団に移るものを知らない」感想

原作は全く知りません。
(以下ネタバレ)
終わったはずのバカとテストと召喚獣がまた始まったのか? とか思ってしまったことは秘密として――なんとなく基本設定は分かったけれども世界観がさっぱり分からないというか、ヒロインが何考えているのかさっぱり分からないというか。
物凄く特殊な境遇(しかも人外)のヒロインがあっさりと主人公に馴染んでしまっているあたり、「ああ、最近のラノベらしく『親しくなるまでに費やす時間』という概念自体がキャンセルされているのね」と、妙な納得をしてしまったり。