たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

TIGER & BUNNY #24「Nothing ventured, nothing gained.(虎穴に入らずんば虎児を得ず)」感想

(以下ネタバレ)
囚われのヒーローズ。スカイハイは多分「全滅するより誰か一人でも生き延びてマーベリック達の野望を打ち砕かなくては」という意味で言ったんだろうけど、牛角さんはガチで押そうとしてましたなw
そんな中、またもやブルーローズがヒロイン*1としての真価を発揮してくれました! もう、いち早く洗脳から目覚めかけたり、今回の「信じる」発言といいい、これでブルーローズが不幸になるようなラストだったら許さんぞ!
そして楓も、慣れてないはずの能力を器用に使いこなし、末恐ろしいその才能を垣間見せてくれますな!
さて、不屈の闘志を見せ、ヒーローズと楓を奮い立たせた我らがタイガー&バニー。まさかの魔貫光殺砲戦法で大逆転だ!*2 と思ったのも束の間、寸前で逃げた筈のタイガーが光線を避けきれずに……。
ここで能力減退が伏線になってくるとは……。というか、ロボの方は上半身ほぼ原形留めてないのに、虎鉄さんはスーツこそ半壊してるけど見た目上はほぼ無傷(中は相当酷い事になっているだろうけど)。斎藤さんの技術力半端ない!!
しかし、ここで虎鉄さんが本当に死んでたら、最後の言葉が「お前、まつげ長いな」に……。なんてBLエンド?(ぉ

6巻はスカイハイ!

*1:真のヒロインはバニーなんじゃないかという話は置いといて。

*2: というか、そんな物騒な光線銃に認証ロックすら掛かってないって恐ろしすぎるだろw