たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

神様ドォルズ 第十一話「囚われの日々乃」感想

(以下ネタバレ)
今回もまひる大活躍でした。
まひるってマジキチだし、やることなすこと迷惑きわまりないのに不思議とあんまり嫌われていないのは、やっぱりアホの子だからですかねw
さて、阿幾のいらぬ悪戯心のせいで囚われの身となってしまった日々乃――っていうかどいつもこいつも「乳のでかい姉ちゃん」としか認識してなくってヒドい――ですが、見るからにザコキャラみたいな男にヤラレそうですよ!? 大ピンチですよ!?
っと、ここに来てウザいだけだった久羽子さんが匡平に日々乃の居場所を教えてくれるとは……。あの人格破綻者でも、やっぱり失いたくない友人がいるのね、と少しだけ見直したり*1
そして匡平もますます主人公らしくなってきましたな。いきなり心象世界内の阿幾と会話し始めて、しかも最後には口にまで出ちゃった所はどうかと思うがw
日々乃の乳もとい父も、何気に器でかいよな、と。いくら村出身だからと言っても、厄介ごとに一方的に巻き込まれた立場なのに、匡平達に辛く当たらないというのは、凄い。日々乃さんの度量のでかさは父親譲りなんだな、と。
しかしこのアニメ、どう考えても後2話じゃあキリのいいところまでいかないよな……。変則2クールの予定なんだろうか?

*1:次回はもっと大活躍の筈だけど。