たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」Blu-ray 第8巻

いよいよ最終巻です。webラジオも終わってしまって寂しい所ですが、原作第9巻が9月には発売されるので、今後の展開に期待しましょう。
(以下ネタバレ感想)
web配信時の感想は↓

既に本編は穴のあくほど観たので、毎度御馴染みの「オーディオコメンタリー風特典映像」について。
Twitterで前フリされていたように、オールスターキャスト(といっても14話と15話の分かれましたが)での特典映像で、まあ、毎度の事ながら面白かったんですが……殆ど本編に触れなかったのはどういうことだw(特に14話)
「オーディオコメンタリー風」なのであんまりツッコむところじゃないんだろうけど、本編ではありえない視点でキャラクターが物語を見たときの反応を楽しむ、という所がちょっと少なかったかなぁ、と。14話なんてゲームネタやドラマCDネタまで飛び出して、アニメ置いてけぼりの感があったし。
そして15話はシスコン・ブラコン過ぎてちょっと引いた……。いや、一番引いたのは、アニメスタッフが気をきかしてカットしてくれた「らぶりーMYエンジェルあやせたん」を変則的ながら入れてしまったところだけどw
てっきり「黒猫の呪い」の件で京介と黒猫が吊し上げられる展開だと思っていただけに、ちょっと肩透かしか。
というか、ラブリーマイエンジェルを入れる位だったら、京介が何故あそこまで全力の本音を桐乃にぶつけられたのか、という所をフォローしてあげた方が良かったんじゃなかろうか、と思ったり。黒猫の「呪い」は後々まで重要なファクターになるだけに、その存在の大きさをせめて特典映像では扱ってあげた方が良かったのでは、と。
原作者的には、どうでもいいところなのかな、それともw
そんなこんなでとりあえずアニメ第一期は終了。二期に期待したいところだけど、一期よりも連続したストーリーになっているだけに時期が難しいだろうなぁ。