たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

STEINS;GATE #08「夢幻のホメオスタシス」感想

(以下ネタバレ)
このアニメが教えてくれる大事な事は、たとえ顔のデザインがおかしくても助手の可愛さは全く損なわれない、という事実だ。
さて、いきなり萌郁消失!? と思いきやただ単に行動が変わった結果ラボに現れなかった世界線へ移動しただけ、ということでほっと安心――だけど他のラボメンと萌郁との交流が「なかったこと」になってしまったという事実を考えると、「少しのつもり」の時間改変がとんでもない自体を巻き起こしてしまう可能性を示唆しているようで空恐ろしいですね。
一方、偶然にもDメールの存在を知ったるか子が言い出した衝撃のお願い「女の子になりたいんです!」に驚愕する一堂――というか、るか子が男であることを確認した時の助手が一番驚愕していましたが。まさかここでポケベルが登場して、しかも世界線の移動が実際に行われてしまったというのがこれまた予想外の展開。
なんか、まゆりが「るか君」じゃなくて「るかちゃん」って言っていたように聴こえたんだけど、まさか、な……。

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]