たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

WILLCOM、新製品と新サービスを発表

さてさて、WILLCOMユーザ待望の新料金体系・新サービス・新端末の発表会が本日(1/22)ございました。
新ウィルコム定額プラン」はパケット通信料金のキャップ(上限額)が従来のパケット定額よりも大幅に引き下げられましたが、パケット料金自体が今までの8倍になっているので、現行のパケット定額で容量超過する事の少ない私のようなユーザにはあんまり嬉しくないですね*1。あくまで、音声端末における「新つなぎ放題」的な料金体系といった考えでしょうか(PC接続も上限は同じ)。
で、個人的に一番注目なのはやはり新型京ぽんWX340Kですね。

京ぽん2を使い続けてはや2年と数ヶ月。実質的な「京ぽん3」となる端末を待ち続けておりました。
WQVGA・2.7インチと従来のPHS音声端末よりも大型化・高解像度化したディスプレイ、Flash Lite3.1への対応など、地味ながらも抑える所を抑えてきた、という感触。Felicaは私的にはどうでもいいですが、世間の扱いは流石に大きいですねぇ。
ミュージックプレイヤーやムービープレイヤーが省かれたのは残念ですが、噂ではMP3ファイルや3GPファイルの再生には対応しているのだとか*2。着信音へのMP3ファイルの設定機能は、是非受け継がれていて欲しいところ。
ただ、一点がっかりしたのはブラウザがNetFrontである事。当然メーラーも同じなんでしょうが、最近のNetFrontは死ぬほど腐っている事があるので、本当に(´・ω・`)ガッカリ…。まあ、ウィルコムガジェットが「NetFront Browser Widgets」ベースなので、しょうがない事なんでしょうが。
あと、何気に左右のブラウザ表示拡大縮小キーが無くなったのが痛い。フルブラウザ時にワンタッチで拡大縮小表示が出来るのは物凄く便利だったんですが。
他にも、ワンセグを搭載していないなど最近のハイエンドでは珍しい選択をしましたが、さる統計によれば、ワンセグはそれほど重要視されていないと言う結果もあるので、これは英断なんでしょうね*3
発売は2月末と言う事で、今から待ち遠しいです。流石に人柱にはならないと思いますが、二週間程度様子を見て評判が良ければ機種変更してしまうと思います。

1/23追記

そういえばページUP/DOWNキーも無くなってる……。そこは残して欲しかったが、何かしらのキーに機能割り当てがあることを願います。

*1:私の場合月々8万パケット程度で1050円の枠内で収まってますが、これが新定額だと4万パケット弱で上限の2800円に到達してしまう計算? ただ、基本音声端末使いだけどネットブックとかに繋いでモデムとしてもバリバリ使いたい! という人にとってはかなり有効な料金プランですね。

*2:ムービーに関しては本体に撮影機能が搭載されているので、3GP再生可能というのはほぼ確定か。外部から入れたファイルを認識してくれるかが問題ですが。←京セラ公式のスペック表に動画再生機能について追記されてました。.mp4/.3gp/.3g2が対応

*3:ただし、別のデータによれば購入時に重視される要素の上位にワンセグが入っているのだとか。消費者はわがままですねぇw