たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

将国のアルタイル の検索結果:

2017年夏アニメ(7月~9月)雑感と評価(★5点満点)

…魔法陣グルグル] ★★★★ 原作のリメイクといった風情で、我が家のような安心感。ギップルの声優が予想外でした。 [将国のアルタイル] (視聴中止中) 何だか「策士策に溺れる」展開ばかりで、好みじゃありませんでした。後半盛り上がる事に期待して録画は継続。 何だか「視聴中止中」ばかりになってしまいましたが……「可能性を感じつつも今は観る気になれない」作品が多かった、という印象。 ただ、上記の通りいつも以上に★5付けたい作品が多かったので、まずまずの豊作シーズンだったとも思います。

将国のアルタイル 03「将軍会議」感想

…フムートは青臭い理想家ながらも、どこか見どころがある、という展開にすればよかったのに……と感じてしまった。とは言え、ザガノスもルイも、マフムートと同じく「成長過程」にあり、妖怪じみた先達に追いつくために必死なのだ、と考えれば、途端に人間味溢れる物語が見えてくる。 作者が描きたかったのは、もしかするとそちらなのかもしれない。すわなち、人外の宴ではなく、正しく「人間によって描かれる苦闘の歴史」を。 「将国のアルタイル」関連の記事一覧はこちら メディア: この商品を含むブログを見る

将国のアルタイル 02「砦の街」感想

…の様子……。この手の、「完璧過ぎる何者か」がいない物語というのは、人間味があって非常に好みではあるが、やはり痛快さが足りないと歴史アクションとしては物足りなさもあったり。 かように視聴者というのはわがままなのだw 「将国のアルタイル」関連の記事一覧はこちら 将国のアルタイル(1) (シリウスコミックス)作者: カトウコトノ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/11メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る *1:何故街中に斥候の一人も放っていないのか?

将国のアルタイル 01「犬鷲の将軍」感想

…々残念だが……。 「将国のアルタイル」関連の記事一覧はこちら 将国のアルタイル(1) (シリウスコミックス)作者: カトウコトノ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/11メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る *1:私は全然専門ではないので聞き流して欲しいツッコミなのだが、あえて解説しておくと「イスカンダル」は元々のアレクサンドロスのアラビア語(ペルシャ語)名「Aliskandar」の、頭の「Al」が定冠詞と混同されて省かれてしまった故に誕生した名…

2017年夏(7月~9月)アニメ視聴予定

…もお腹いっぱい。 [将国のアルタイル] 原作は触りだけ既読。そこそこ期待。 [活撃 刀剣乱舞] 原作未プレイ。別制作会社の方も観ていませんが……ufotableなので、一応チェック。 [NEW GAME!!] 今期はどんな社畜振りを見せてくれるんですかねぇ?(ゲス顔 [ボールルームへようこそ] 原作既読。非常に暑苦しい作品なので、そのノリをきちんと再現してくれるのか注視。 [THE REFLECTION -ザ・リフレクション-] スタン・リーが関わっているという事で、注目せざ…