たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 10「暗殺者(ヒットマン)チーム」

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Vol.1 (1?4話/初回仕様版) (オリジナル手ぬぐい付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

ボスの娘を狙う暗殺者チームの一員・ホルマジオの襲撃を受けたナランチャ
ホルマジオの能力は、「傷付けた者を次第に小さくする」というもの。ナランチャは気付かぬ内に、どんどんと小さくなっていき――。

感想

ナランチャのような絶妙なバカキャラというのは、バカ過ぎると物語が思わぬ方向に言ってしまうし、中途半端にバカだとキャラとして弱いしと、実はなかなかにバランス感覚が必要なキャラクターである、と思う。
ナランチャの場合は、普段バカな分、機転が利くという長所でバランスを取っているのだろう。

ホルマジオ達「暗殺者チーム」については……過去あれだけの脅しをかけられながら、未だにボスの寝首をかこうとしている点を鑑みると、彼らの冷遇ぶりというのはそのまま彼らの軽薄さや軽率さが原因であったように思える(苦笑
組織として能力は買っているが、人格に信頼がおけず冷遇されたのではないだろうか?

ホルマジオが敗北するとしたら、そういった我が身の失敗を省みない部分なのだろうが……どうなることやら。

Freek'n You

Freek'n You