たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 第32話「悪魔ベリアル百年の怨嗟」感想

【Amazon.co.jp限定】ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX1 (全巻購入特典:描き下ろしB2布ポスター引換シリアルコード付)

今回の満足度:2点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

アニエスを連れて境港へとやって来たまなは、烏天狗の小太郎と再会。
修行に行き詰まっているという小太郎の話を聞いてあげるまなだったが、彼女と話す小太郎の様子から、アニエスは小太郎がまなに恋していることに気付いてしまう。

アニエスは気を利かせるつもりで、まなと小太郎を二人きりにしてしまうが、そのことが思わぬ事態を招くことに――。

感想

大したマッチポンプと言うか……小太郎の自業自得を、周囲を巻き込んで解決しただけ、というなんとも脱力ものなお話だった。

アニエスがお手軽間隔で里を元に戻してしまったくだりについても、なんだかな、という印象しか残らず……と
ても前回までと同じ作品だとは思えないクオリティの低下を感じてしまった。