たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五話「激突!ヤマト対アンドロメダ」感想

第一話 西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト


今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

上層部の反対を押し切り出港したヤマト。
反逆者の烙印を押される事になったヤマトだったが、月面基地から山本隊の面々も合流し、クルー達の顔に陰りはない。
山本達と共にやってきた、ガミラスのキーマンも仲間に加え、ヤマトは一路テレザートを目指す。

だが、その行く手には、地球の新鋭艦アンドロメダが立ちふさがる。
地球人同士での戦いは最早避けられないかに見えたが――。

感想

防衛衛星を派手に破壊しておいて「誤解」で済む、という展開はともすればご都合主義とも言われかねないだろうが……私的には地球人同士で不毛な内輪もめが続く展開よりは、今回のような絡め手を使ってでも、古代達の後顧に憂いなく進めてくれた方が好ましい。

一部の戦争アニメなどでは、「政治的に深い話」を作ろうとするあまり、延々と膠着状態や内ゲバを見せ付けられ、退屈極まりないものになる場合もある。そういった例を鑑みれば、早々に古代達の「枷」を外しに掛かった本作の展開はむしろ英断と言えるのではないだろうか?

ヤマトとアンドロメダの初戦は、ヤマト側が防戦に徹したこともあり、少々おとなしめ……と思いきや、まさかの正面衝突には恐れ入った。
それを実行した古代もそうだが、予想した上で受けて立った山南艦長もさるものw

加藤の復帰は少々意外だったが……真琴のあの判断が、必ず何らかの形でヤマトを――そして彼らの子を救う結果になることを信じたい。

宇宙戦艦ヤマト2202 地球連邦 アンドロメダ級DX 1/1000スケール 色分け済みプラモデル