たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 第28話「妖怪大戦争」感想

【Amazon.co.jp限定】ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX1 (全巻購入特典:描き下ろしB2布ポスター引換シリアルコード付)

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

アニエスをゲゲゲの森に受け入れることにした鬼太郎達。
だが、アニエスは相変わらずのそっけない態度で、その本心を見せようとしない。
そればかりか、バックベアード達の「ブリガドーン計画」を阻止する為に、アルカナの指輪を鬼太郎に破壊させようと無理を強いてくる始末で――。

感想

アニエスツンデレを通り越して「ただ自分勝手なだけ」になっていて、流石の鬼太郎も怒りを隠せなくなってきた様子。
もちろん、彼女には彼女の使命感があるのだろうが、致命的に協調性というかコミュニケーション能力が欠けているようで、なんともよろしくない。
鬼太郎が何に怒っているかには、流石に気が付いたようだが……。

今回はバックベアード登場までを非常に短く感じる、濃密な展開とバトルが続いたが……バックベアード登場後は一転してやや間延びしたそれになってしまった印象が残った。
バックベアードやアルカナの指輪の強大さを表現したかったのだろうが、せっかくテンポが良かったのに……と思わずにはいられない。

やはり、3クール目に入ってからクオリティがガクッと落ちてしまった印象がある。次回以降、復調してくれれば良いが。

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争