たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 02「ブチャラティが来る」感想

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Vol.1 (1?4話/初回仕様版) (オリジナル手ぬぐい付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

身を守るため、ブチャラティと「スタンド」能力で戦うことになったジョルノ。
しかしジョルノは、今までゴールド・エクスペリエンスの力を人間に向けたことがない。もし人間を攻撃したら、一体どうなってしまうのか?

一抹の不安を抱えつつも、戦いに挑むジョルノだったが――。

感想

初登場時にあれだけ気持ち悪く描かれたブチャラティが、実はギャングでありながらも根っからの善人であると明らかになるこの件、そしてそれを見抜いたジョルノの慧眼は、正にこの第五部を象徴する流れだろう。

前回の感想でも書いたが、第五部のバトルは歴代シリーズの中でも最もトリッキーな部類に入ると思っている。
基本的に力技で解決するようなことはなく、相手をいかに出し抜くか、相手の心をいかに折るか、と言った視点で描かれることが多い。
演出は秀逸ながらも、あまりアクション作画が巧みとは言えない本アニメシリーズとの親和性という意味においては、この第五部が最もマッチしているのではないだろうか。