たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

進撃の巨人 Season 3 第47話「友人」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「進撃の巨人」 Season 3 第1巻 (初回限定版) (全巻購入特典:「描き下ろしLPサイズディスク収納ケース」引換シリアルコード付) [Blu-ray]


今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

致命傷を負ったケニーは一人、自らの半生を思い返していた。
レイス家と巨人との出会い。
妹との死別、リヴァイとの邂逅。
憲兵団の特殊部隊を率いる日々。

やがて、そんなケニーのもとにリヴァイがやってくる。
息も絶え絶えのケニーからロッド家の秘密を聞き出そうとするリヴァイだったが――。

第47話 友人

第47話 友人

感想

そこそこエピソードが削られている中で、何故ケニーの半生をここまで丁寧に描くのか? と少々疑問に思ったが、なるほど、リヴァイという本作の裏主人公の一人にスポットを当てるためには、ケニーの持つ背景を描くことが必要だった、ということかと納得した。

結局、多くの謎が残されることになったが、リヴァイにとっては彼の人生における大きな謎――あるいは心残りが解消されたわけで、彼はようやく過去にとらわれること無く生きていけるようになったのかもしれない。
憑き物が落ちたような表情で「ありがとう」と言ったリヴァイの姿に、惚れ直したファンも多いのではないだろうか?

さて、遂にヒストリアが女王として即位した。
武勇を示したことでまずは市民の支持を得たようだが……全てはまだ始まったばかり。
ライナーとベルトルトが獣の巨人と接触したことで、また話が大きく動き始める。

楽園への進撃  初回盤

楽園への進撃 初回盤