たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

BANANA FISH #11「美しく呪われし者 The Beautiful and Damned」感想

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)


今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

仲間達と合流したアッシュは、傷を癒やしつつゴルツィネへの反撃の準備を着々と進めていた。
久しぶりに目の当たりにするストリートギャングのボスとしてのアッシュの顔に、英二は――。

感想

閨を共にした時に隙を見てPCにスパイウェアを仕込む……アッシュが凄いのか、ゴルツィネが間抜けなのか。
ゴルツィネは自らアッシュを一流に仕込んでおきながら、そんなにも彼のことを甘く見ていたのか、と呆れ果ててしまう(苦笑

マックス達が危惧したアッシュの二面性については、他ならぬアッシュ自身が一番深刻に受け止めていたようだが……それを優しく解きほぐしてあげる英二は、何と出来た人物だろうか?
――いや、実際には「出来た人物」とは少々違って、英二もどこか只人の枠から外れた存在、ということなのだろうが。
アッシュと英二、見事に正反対の二人ではあるが、ある意味で彼らは「群れの中の異端」という同士なのかもしれない。

アッシュ相手に後手に回ったゴルツィネ陣営は、オーサーを焚き付けて一気にアッシュ一味を追い込もうという腹だったようだが、仕掛ける前にアッシュ陣営の攻勢が始まってしまった模様。
情け容赦を捨てたアッシュに、オーサーが勝てる絵面が全く浮かばず、なんだか気の毒な気持ちになってきた……。

BANANA FISH バナナフィッシュ 全巻セット (小学館文庫)

BANANA FISH バナナフィッシュ 全巻セット (小学館文庫)