たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

シュタインズ・ゲート ゼロ 第20話「盟誓のリナシメント」感想

【Amazon.co.jp限定】シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.4(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX&B1布ポスター 引換シリアルコード付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

まゆり達を救う為、再び7月7日へのタイムリープを敢行した岡部。
だが、岡部が目覚めたのは見知らぬ廃墟の中だった。
しかも身体は満足に動かずやせ衰えていて、顔も別人のようにやつれ歳を重ねていた。

一体何があったのか?
訳も分からず建物の外に出た岡部を待ち受けていたのは、荒れ果てた秋葉原の街だった――。

感想

岡部も視聴者も、今までは断片的な伝聞しか知らなかった「第三次世界大戦」後の世界。
それが岡部の前に、遂にリアルな現実として姿を現した。

イケメン中年と化したダルには正直笑いを禁じ得なかったものの、終始話がシリアスに進んで……そして悲壮なるかの最期が描かれ、岡部とシンクロして泣きそうになった視聴者もいたのではないだろうか?

ようやく戦う決意を固めた岡部。
タイムリープマシンの性能向上のためか、どうやら元の時間軸へと話は戻るようだが……アニメ第一期に登場した「未来の岡部」は確か29才だった。つまり、元の時間軸へ戻った後も、岡部は10年近くももがき苦しみ戦い続けることになる。

彼の戦いは、まさにこれから始まるのだろう。

TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』オリジナルサウンドトラック

TVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』オリジナルサウンドトラック

World-Line(DVD付盤)

World-Line(DVD付盤)