たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

シュタインズ・ゲート ゼロ 第17話「双曲平面のアルタイル」感想

【Amazon.co.jp限定】シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.3(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX&B1布ポスター 引換シリアルコード付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

紅莉栖が死んだあの日から一年が経とうとしていた。
今のタイムマシンに残された燃料では、一年以上前には飛べない。つまり、牧瀬紅莉栖を救い第三次世界大戦を防ぐ為のタイムリミットはすぐそこまで迫っていることになる。

岡部の協力が仰げない中、鈴羽は単身過去へと向かう決意を固めていた。
そんな鈴羽を、ダルは優しく見送ろうとする。

しかし、決意を固めているのは鈴羽だけではなかった。
ここ一年の岡部の異変の原因を知ったまゆりは、鈴羽達の目的を知りある行動に出る――。

感想

「あの時、岡部を守ったことで鳳凰院凶真は死んでしまった」
まゆりの中にある後悔の念は、いかほどのものか……。

前作では、徹底して自分自身の心を秘めていたまゆりが、初めて他人の前で「オカリンが好き」「鳳凰院凶真が大好き」と告白した、その心中を思うと胸が痛くなる。
決して思いつきや勢いだけではない、ずっと岡部を見てきたまゆりだからこそ、今動かなければと考えたのだろう。

しかし、事態はまゆり一人の決意だけでは動かせない段階まで来ていたようだ。
黒ずくめの集団に襲撃された鈴羽とまゆり。そして凶弾がまゆりを襲い……。
一見すると致命傷ではないようにも見えるが、未来のダルからのDメールによれば既に世界線が変動してしまっているらしく、まゆりの命の保証は無い。
倒れ伏すまゆりに歩み寄った、かがりらしきが人物がどう動くのか? そしてあのタイミングでDメールを送ったダルの真意は?

またまた気になる所で「続く」となってしまった。このアニメは本当に「え、次どうなるの!?」と思わせるのが上手い(苦笑)。

World-Line(TVSize)(TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」EDテーマ)

World-Line(TVSize)(TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」EDテーマ)