たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ゲゲゲの鬼太郎(第6期) 第19話「復活妖怪!?おばけの学校」感想

【Amazon.co.jp限定】ゲゲゲの鬼太郎(第6作) Blu-ray BOX1 (全巻購入特典:描き下ろしB2布ポスター引換シリアルコード付)

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

近頃、子供たちの間で「通うとおばけになれる『おばけの学校』がある」という噂がまことしやかに囁かれていた。
ただの噂と一笑に付すまなだったが、ある日の帰り道に仮面をかぶった謎の妖怪に付きまとわれたり、同級生の蒼馬兄弟が行方不明になったりと、冗談では済まされない状況になってきて――。

感想

ようやく「仮面の謎の妖怪(名無し)」が本格的に登場……とはいえ、何やら思わせぶりなポエムを披露しただけで退場してしまったので、まだまだ何者なのかはよく分からなかった。
まなにちょっかいを出した時に垣間見えた映像は、もしかするとまなの前世かなにかだろうか? 彼女には、ただ単に鬼太郎達との縁から妖怪に遭遇しやすくなったというだけでは説明のつかない、もっと深い部分での因果も感じてしまう。

鬼太郎の変装については、古今、妖怪や神様というものは、ちょっとした変装ですぐに騙されてしまう存在として描かれているので、まああれはあれで良いのではないだろうか?w
流石に目玉のおやじとまなだけはツッコミを入れてくれたが。

蒼馬達兄弟のろくでもなさは回を追うごとにひどくなっていっている気がするが……それでも蒼馬が咄嗟にまなを庇ったところは「男の子だねぇ」とおじさん臭い感想を浮かべてしまった(笑)。
ああいう、ステレオタイプな「駄目な男子」も物語の引き立て役としては必要なのだな、等とも。

おばけの学校(妖怪学校)の過去作での扱い


「ゲゲゲの鬼太郎(第1作)」
では、第9話「見上げ入道」で「妖怪学校」として登場。「人間や動物を妖怪に変える」という設定。



「ゲゲゲの鬼太郎(第3作)」
では、第30話「妖怪見上げ入道」で登場。こちらでの名称も「妖怪学校」。




「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」
では、第75話「見上げ入道の妖怪学校」で登場。基本的には見上げ入道が絡んでくることが多い話の模様。