たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

PERSONA5 the Animation #16「This place is my grave」感想

#15 I am Alibaba

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

双葉は惣治郎の知人の娘だった。数年前に母親が自殺してしまい、惣治郎が引き取ったのだという。

しかし、母親の死にショックを受けた双葉は引きこもりがちで、中々部屋から出てこようとしない。しかも最近は「母親の声が聞こえる」とふさぎ込んでしまい、惣治郎とも全く顔を合わせなくなってしまったのだという。

モルガナは双葉に何らかの認知の歪みが出ているのではないかと推測し、彼女のパレスに潜入してみようと提案する。蓮達は早速、双葉のパレスに繋がるキーワードを探し始めるが――。

感想

ギャグで始まりギャグに終わったエピソードだったが……双葉の境遇を考えるとあまり笑えない。
恐らくは母親の死について、実際とは違った記憶を持ってしまっている(つまり認知の歪み)があるだとは思うが……。

双葉は相当に追い詰められているように見えたが、それでもなんとか踏みとどまっているのは、彼女が本来は強い人間であり、また惣治郎の程よい距離感――相手を追い詰めず、不用意に踏み込まない対応が彼女の心に余裕を生んだのではないか、と思える。
惣治郎本人は無力感を持っているかもしれないが、彼はきちんと「父親」であるように見える。前回、怪盗団の面々が彼に見せた信頼感もその証左ではないだろうか。