たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

BANANA FISH #02「異国にて In Another Country」感想

BANANA FISH REBIRTHオフィシャルガイドブック


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

共謀したオーサーとマービンの一味は、アッシュをおびき出す為にスキップと、たまたまそこに居合わせていた英二を拉致してしまう。
まんまとおびき出されてしまったアッシュは、多勢に無勢で一方的な暴行を受けた上で、スキップや英二と共に監禁されてしまう。

だが、マービンの「悪い癖」を熟知していたアッシュは彼の隙を付き、なんとか脱出に成功する。しかしそれも束の間、逃げた先の通路は高い壁のそびえ立つ袋小路だった。
アッシュとスキップが最早これまでかと覚悟を決める中、なんと英二がとんでもない方法で脱出を図ろうとして――。

感想

アッシュが幼少期にチャイルドポルノの餌食になっていたという件を原作で読んだ時、私はまだ小学生だった。
子供心に衝撃を受けたものだが……今見ても中々にクるものがある。
原作のテイストを崩さずにアニメ化してみせた関係者の英断に素直に拍手を送りたい。悲劇はいつの時代にも悲劇なのだと、忘れずにいたい。

さて、可愛い顔に似合わず度胸があると言うか頭のネジが数本外れているというか、英二の特異性には目を見張る物がある。
アッシュが出自故にある意味壊れなければならなかったのに対し、英二はナチュラルに壊れている――あるいは命のやり取りが当たり前でない世界の住人だからこそ、決して生きるのを諦めないのかもしれない。

しかし、本作の世界は、英二一人のヒロイックな行動が全てを救うような「優しい世界」ではない。
スキップは死に、アッシュは囚われてしまった。

そんな絶望的な状況の中でも、アッシュを救おうと必死にあがくチャールズ達の姿が、悲しくも頼もしい。