たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

シュタインズ・ゲート ゼロ 第12話「相互再帰のマザーグース」感想

【Amazon.co.jp限定】シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.2(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX&B1布ポスター 引換シリアルコード付) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

かがりの記憶は未だ戻らないままだった。
だがある日、まゆりが何気なく歌った歌がかがりの記憶を強く刺激した。岡部達は、その歌こそがかがりの記憶を呼び戻す手がかりになるのではないかと考える。

しかし、その歌について調べていった岡部達を待っていたのは、予想外の事実で――。

感想

かがりの記憶の中の歌を追っていたら、またとんでもない所に着地してしまったようだ。
過去と未来が交錯した一種のタイムパラドクスかとも思ったが、どちらかと言うと何者かの過去改変の影響、ということらしい。

岡部自身が全く覚えていないという事は、やはり今の世界線は純粋なβ世界線ではない、ということだろうか?
Cパートで描かれたかがりと岡部の邂逅は、今の岡部にとっては「預かり知らぬ過去」であるように思える。

過去のかがりが大人の姿だったことが示す事実は一つしか無いが……一体どのような経緯で、あんなことになってしまったのか?
2クール目も目が離せない展開が続きそうだ。

岡部の母親はアニメでは初の出番となるだろうか?
おおらかな感じの女性なようだが、人望はありそうな感じがする。
岡部の根底にある人を惹き付ける魅力や他人を気遣う思いやりなどは、もしかしたら母親から受け継いだものなのかもしれない。

STEINS;GATE 0 - PS4

STEINS;GATE 0 - PS4