たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

竜ノ湖太郎「ラストエンブリオ 5」感想――問題児たち、遂に再集結!

ラストエンブリオ5 集結の時、暴走再開! (角川スニーカー文庫)


フライング気味にゲット出来たので、昨日からこつこつ読み進め、先程読了しました!
何だかとてもいい所で終わって「おいおい、先が気になるな!」となりましたが、このシリーズはこういう展開に入ると矢継ぎ早にクライマックスを連発してくれるようになるので、ここからの盛り上がりは半端ないと見た!

(以下、ネタバレ含む)

本シリーズでは飛鳥が一番好きな私としては、もう表紙だけでも大満足だったのですが……飛鳥、本来の霊格を取り戻したお蔭で十六夜や耀にも負けない強キャラに化けての再登場となっていて、「いよいよ飛鳥の時代が……」と歓喜の涙を流しそうになりました(誇張表現

とは言え、元々普通の人間の肉体しか持っていなかった事も手伝ってか、体術面ではやはり他の二人にはまだまだ及ばない様子。「成長枠」としての役割は続くのかも。
イラストを見た限りでは、打ち直された天叢雲剣が、打刀じゃなくて太刀っぽいのですが……中々通好みですね。

十六夜、飛鳥、耀が揃ったことで旧シリーズのノリも戻ってきた感があり、これからの展開が楽しみでなりません。

反面、焔、鈴華、彩鳥の三人の活躍は今回少なめでしたね。鈴華は謎解き面で活躍しましたが、彩鳥は十六夜たちに振り回されたり、飛鳥との再会を避けたりと、主体的に動く場面が少なかった。
とは言え、次回は彼女もアトランティス原住民のギフトゲームに挑戦するようですから、メインになるのかも?
レティシアの姪っ子、ラミアも本格的に出張ってきたことで、次回はまた色々なキャラクターが入り乱れる話になりそうです。

「クリシュナ」を名乗る謎の存在も気になるところ。
早く次の巻が待ち遠しいですね。*1

金糸雀十六夜の過去を描いたエピソードも読み応えがありました。十六夜の単純なようでいて複雑な情緒はああやって形成されたのだ、と納得させるようなお話でしたね。
無料特典のオーディオドラマも期間限定公開らしいので、早めにチェックしておきたいと思います。

さ、次はミリオン・クラウン二巻を読むぞ~!


なお、今回はおなじみの「次回予告」ページが無かったのですが、

とのことです!

ミリオン・クラウン2 (角川スニーカー文庫)

ミリオン・クラウン2 (角川スニーカー文庫)

*1:あえて残念だった所を挙げると、前回と同じく誤字がひどかったところ。校閲・校正が間に合ってないっぽいですね。KADOKAWAさんはもっと作家さんをバックアップしてあげて下さいw